Poo-tee-weet?

とあるIT業界の外資系社員の戯言。旅半分仕事半分の人生を目指しています。書いていることはだいたい戯言。プーティーウィッ?

仕事場として机を導入しました

いろいろと形から初めてしまうタイプですが、机に関してはおそらく2−3年くらいずっと悩んでいました。「どうせ机があってもしごとしないだろう」「いまあるこのローテーブルで十分だ」そんなことが輪廻のごとく頭の中を駆け巡りました。しかし、会社でフリーアドレスが導入されたことをきっかけに、自宅を職場に変えるということにしました。と言っても営業なので朝から客先の時は移動にかける時間がもったいないという理由で、自宅勤務→客先という感じにしたいと思っています。電話会議が朝早めにあったり、夜遅めにあったりもするので、やはり机があったほうが良いだろう、という結論です。




購入したのはこちらの無印の机。幾つかの店を見ましたが、お店には展示されていないようです。組み立てが面倒だからかな。脚と天板を別々に購入する形です、トータルで定価19,500円。無印良品週間に購入して10%OFFで購入。


無印には学習机みたいのが売っていましたけど、別に引き出しいらないしなあ、と思っていて、ウェブで見ていたところこちらのシンプルなのがあったので、これにしました。部屋が変わってもうまく使えそうだという、汎用性も決めた要素の一つ。

六角レンチが同梱されているので、ねじ巻きとかは必要ないです。

 

シンプルでいい。


組み立ては脚と天板の結合のところが苦戦しました。4本脚を固定するネジを締めすぎると枠の幅が狭くなって、うまくネジがはまらないので、4本脚の固定はあんまり強くやり過ぎなくていいようです。若干汗かきながら出来上がり。天板は結構重いです。一人で組み立てられますが、2人いたほうが楽だとは思う。

検討途中に、脚は買わずに、天板だけ買ってキャビネットに載せるっていうやりかたも良いと思いました。というかBisleyの色合いがかっこいい。

http://fideleruuth.tumblr.com/post/116797513572/s-img-0141-jpg-426x640
元ネタはこちらのブログ:http://embellir.blog.shinobi.jp/



出来上がってすぐ、配置してみたところ。うちは無印ばかりです。机はこのローテーブルの木っぽい感じに合わせたかった。今まではこのローテーブル&ダメ人間になるソファーで仕事もしていた(いや、ほぼしていない)。ちなみにローテーブルは100cmで、元々横幅も狭いところに無理やり色々載せていた感じ。今回の机は120cmへ余計なものは置くことができます。


1週間ほど椅子がない期間があったのですが、とりあえず机の上にいろいろ置いてみたところ。ちょうどよいサイズ感。本とか平積みしないようにしないと、せっかくの広い空間ももったいない感じ。右奥には最近使えていないScanSnapを配置。基本PCは持ち運びで固定ではないので、左上に電源タップを設置して、電源をとれるようにした。

机下収納は現時点では不要かな、ということで特に何も買いませんでした。Bisleyのキャビネットか無印のプラスチックのキャビネットか悩んで結局決まりません。もう少したったら考えます。


by カエレバ



by カエレバ

 


そして本日椅子が来ました。いろいろ悩みましたが、アーロンチェア15万円は腰が引けるので、中古のBaronチェアにしました。これもこれで送料いれると4万弱くらいだったので安くないですが・・。良い仕事環境のために!新品だと10万弱するので、それもなあと思い、中古です。中古はオフィスバスターズでの取り扱いが幾つかあったけれど、値段的に若干高かったので、いろいろ探していたらヤフーオークションで出品(業者が)していたので、それで落札。

背もたれも、お尻の下もメッシュになっているので、夏でも蒸れないかな、と思いこれにしました。

by カエレバ


とりあえず机の上には本を並べているけど、レタートレイみたいのも欲しいな。色合い的にはBisleyのレタートレイいいなあと思っています。

いやあ、これで仕事に勉強に捗りそうです。たぶん。

 

無印良品は、良品週間で10%OFF活用と、楽天決済で楽天ポイント使うのが非常に便利です。

 

無印の楽天でのURLはこちら