読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Poo-tee-weet?

とあるIT業界の外資系社員の戯言。本を読んだまとめや旅のまとめなど。書いていることはだいたい戯言。プーティーウィッ?

さいはての地、秋田へ行ってきた。

奇跡的に晴れがつづいた三連休。元の天気予報では雨が降るとかふらないとかそんな感じだったので、よかった。夜行バスで秋田まで行き、新幹線で帰るというなんともゆるい旅であります。

いぶり大根。秋田市民市場にて。

秋田市内から車で1時間ちょっと行ったところに男鹿半島があります。道路も海岸線沿いあたりにしかなく、ぐるっと南回りで行くとゴジラ岩、水族館GAOなどがあります。GAOは行きませんでしたが、ぐるっと車でドライブは楽しかったです(この前取ったばかりの運転免許で30分ほど運転もできたし)。

ゴジラ岩。

なまはげもここの地域に根ざした伝統文化だそうです。なまはげ伝承師(なまはげエヴァンジェリスト)の試験もこの3連休にあったようです。こじんまりとした温泉街、男鹿温泉
郷ではナマハゲふれあい太鼓という太鼓ライブが無料で(金・土限定)見れます。小さなホールに満員で、地元のファンもいるみたいでした。

なまはげ太鼓ライブ。ステージの真ん前でみると迫力満点。

中の人はイケメン揃い。

<参考>

秋田市内はかなり地味な感じで、新幹線の終着駅とは思えないほどのローカル感。秋田県立美術館は東北地方ではじめてできた県立美術感ということ。建物は、安藤忠雄の建築です。ここでは藤田嗣治(つぐはる)の「秋田の行事」が見れます。これが迫力感・躍動感がある絵で良かったです。これは一見の価値はあるかと。この大きさのものが蔵の中にあったというのもすごい。

秋田県立美術館、入ってすぐ。

その他はだらだらと過ごしましたが、夜 何気なく入った蘇州という小料理屋さん(そんなに敷居は高くない)がものすごく良かった。料理も美味しいし、酒も幾つか味見してから飲ませてくれる。カウンター席10席ほどしかない小さなお店ですが、機会があれば是非ここで鰰(はたはた)と日本酒を楽しんでみるのもいいかと思います。5人で2万ちょっとでしたので、一人あたり4,5千円くらいあれば十分楽しめます。
飛良泉で、酵母番号が異なるもの飲み比べ。No.77は酸味が強い感じ。
鰰(ハタハタ)。卵が美味しい。

飲んだ日本酒:

秋田、遠くて何をするにも車が必要で、市内にはなんにもないんですが、いいです。もっと時間的にも余裕があれば横手の方とか、夏には白神山地とかいろいろありそうです。