Poo-tee-weet?

とあるIT業界の外資系社員の戯言。旅半分仕事半分の人生を目指しています。書いていることはだいたい戯言。プーティーウィッ?


ネットワーク効果を理解するー第1章〜第3章まで箇条書き要約『急に売れ始めるにはワケがある』

大分前に文庫本で読んだが内容をいまいち覚えていない。ただ今ちょうど、一気に何かが浸透するときの背景や主要な要因ってなんだろうということを考えていたので、読み返すことにした。量が多いので、まずは第3章まで。

f:id:FideleRuuth:20180817102055j:plain

もくじ

 

第1章:爆発的感染、その3原則 ティッピング・ポイントへ至る指針

ティッピング・ポイントの3原則

  • 少数の法則:Influencerが起点となる
    Influencer=社交的、活動的、仲間内で影響力がある
  • 粘りの法則:メッセージに強い印象がある
    物議をかもす、破壊的なメッセージ
  • 背景の力:集団でいると責任が薄れる=傍観者問題

第2章:「80対20の法則」から「少数者の法則」へ 感染をスタートさせる特別な人々 ・・・原則1

社会的伝染で重要な役割を果たす人物
  • 媒介者(コネクター)
    • チェーンメールの例:関係の六段階分離、その中間にハブとなるような人物がいた
    • 条件の一つ:知り合いが多い
    • ”弱い絆”を作ることを得意としている
    • コネクターは多種多様な世界を融通無碍に行き来する能力があり、好奇心、社交性、エネルギーなどの複合的要素の関数
    • 社会的にかわの役割
  • 通人(メイブン)
    • ただの受け身の情報収集家ではなく、どうすれば良い買い物ができるかがわかったらそれを他人に教えたがっている
    • 他人の問題を解決することによって、自分の問題ー自分の感情的必要性ーを解決している人
    • 情報ブローカー的存在
    • データバンク
  • セールスマン
    • 説得する技術を持つ
    • 説得されて行動を起こすきっかけを作る存在
    • 影響力のある個性:他人を自分のリズムに引き込み、相互作用の流れを支配する

第3章:粘りの要素 情報を記憶に残すための、単純かつ決定的な工夫・・・原則2

  • セサミストリート=学習意欲の伝染をつくりだすことによって、貧困とムチの伝染の拡大に対抗することを目標に
  • メッセージの特別な性質が「粘り」
    • 記憶に残るか?変化を生み出すほど、誰かに行動をうながすほど、記憶に残りやすいか?
    • 情報過多の状況=クラッター問題(クズ問題)
  • セサミストリートの例
    • 一点突破の洞察から成り立っている=子供の注意を引き続けることができれば、教育になるという考え方
    • ディストラクター:モニターで特定のビデオなどを見せ、子供が気を引いているところ、気をそらしたところを逐次記録
      • 粘り検出装置として役だった
    • 子供番組の神話として子供は動物を見るのが好きだというのがあり、動画を見せたが、興味をひかない
    • 番組は一区切り4分を超えては行けない(せいぜい3分以内に収める)ことが証明された
    • 会話を単純にすることや大人向けテレビの手法をそのまま踏襲しないほうがいいことがわかった
    • フィラデルフィアの実験で街の場面が興味を引かないことがわかあり、全てなくした
    • 視標追跡
      • 目線がどう移っているかを記録することで、目的の対象に注目が向いているか確認する
      • ビッグバードが名前を探しにいくストーリー: 子供の認知率は通常90%に対して50%
      • 就学前の子供には単純に理解できないなかったから
      • 粘りの要素: 相互作用がある、繰り返される
  • 正しい状況に置けば、誰もがうなずかざるをえないような、単純な情報の引き立て方があるのだ。ーp181
  • 自分メモ:対象が注意を逸らさないような粘り気を作る必要性。そしてそれはだいたい小さな変化

第3章までの感想

  • 第3章までで「少数者の法則」と「粘りの法則」の2つの法則について語られた
  • 「少数者の法則」で出てくるコネクター、メイブン、セールスマン、この要素を自分がやろうとしている活動の中でちゃんと存在しているか確認する必要がある
  • 「粘りの法則」の応用が難しい感じがする。何が粘りのあるものかは、最初はわからず、おそらくやっているうちに、結果的に「これが粘りだった」と気づくものなのではないか。意図的に作れたらすごい。
  • ただ、記憶に残る、何か行動を促すためのメッセージの仕方は意識し、何らかの形式でモニターしながらコンテンツの内容を変えていくのが良いというのは実践してみようと思った。

Amazonで検索してみたら、もう中古しか売られていない様子で絶版されているのかな。。事例がまどろっこしいが、非常によい本なので、重刷してほしい。もしくはKindleで提供とか。

 第4章以降はまだ読んでいる途中ですので、追ってアップデートします。

 

#コミュニティを考える 。『WE ARE LONELY,BUT NOT ALONE. ~現代の孤独と持続可能な経済圏としてのコミュニティ~ 』を読んだ。

『WE ARE LONELY,BUT NOT ALONE. ~現代の孤独と持続可能な経済圏としてのコミュニティ~』を読んだ。
 
本書は元編集者である佐渡島庸平さんが、編集者という仕事についてそれそのものを破壊するのではなく情報爆発する中でその環境にあわせて行動や考え方をアップデートしていく必要がある。そういったことをエッセイのような感じで書かれた本だった。
 
最近Ansible Nightsやらもくもく会やら社外エンジニアの方々に開けた場を提供する活動を業務の1割くらいの労力(と業務外含めるともっとか)を割いて活動しているのですが、その中でやはりコミュニティってどのように育てていくのが良いのかなということを少し考えていて、ちょうど福岡出張の機内で読む軽い本でも買おうかと思って有隣堂に平積みされているのを見つけて即購入した。(ちょうどAnsible Nightで講演していただいた藤川さんも講演の中でこの本が少し触れられたりしたり)
 
タイトルである、『We are lonely, but not alone.』は『宇宙兄弟』の中のあるシーンのセリフらしい。筆者によるとインターネットにより誰もが情報を手に入れることができるようになった(情報爆発)ことにより、みんないつでもつながっている(not alone)が、孤独を感じる状況のなかでコミュニティの重要性が増しているという。
 
出版などのコンテンツビジネスのファンコミュニティを作るという話でちょっと僕が関わりはじめたこととは違うが、いくつか参考になるところがあったので備忘録的に残しておく。
 
■コミュニティに必要な重要要素:
・余白の存在
・常連客の存在
・仮想敵を作ること
・秘密やコンテクスト、共通言語を共有すること
・共通の目的やベクトルを持つこと
ーp147より
 
■コミュニティにおける安心安全の確保の重要性:
「立ち上げ→安心安全の確保→熱狂→拡大」のサイクル。安心安全が確保されていない状態だとそのコミュニティ内での問題(トラブル・批判)が増える傾向にある。
ーp165からざっくりまとめ
 
単純なマスマーケティングが通用しにくくなって来ている昨今、ブログなどによるコンテンツマーケティングやこの本でも取り上げられているようなファンマーケティティング/コミュニティマーケティングのようなものの情報が最近急激に増えて来ている気がする。このコミュニティマーケティング的なものってインターネットの黎明期においても、ある特定の興味関心を持つグループの掲示板経由でオフ会が開かれたり、Twitter経由で人とあったりと、人のつながり方が変化したことで自然とリアルでフェイス・トゥ・フェイスで会いたいとかいう思いがあって生まれてきたものだと思う。このインターネット的な出会い方や情報の広げ方が最近のエンタープライズ(スタートアップのほうがそういう傾向が強いのかもしれない)にも浸透して来ているのだなと思った。
 
また、コミュニティという文脈においては、誰かが必要としている「サード・プレイス」のような立ち位置であるとの考え方も僕は持っていて。「サード・プレイス」は昔から仕事が終わったらそのまま家に変えるのではなく、行きつけのバーに行ったり、カフェに行ったりする、そういった日常以外の関係性を構築したりや時間を使ったりすることができる場であるという意味で、家、仕事に次いで第3の場所を人々は必要としているしコミュニティはそういうところで生まれるという話だ(またサード・プレイスがどういう性質を持っているのかなどが書籍ではいくつもの事例をベースに語られている)。僕が関わりはじめたエンジニアコミュニティは、より一層拡大をしている。それはインターネットの裏側の技術が日進月歩で変化していくことへの恐れやそういった新しい技術への興味だけが拡大を促しているのではなく、そういった背景とあわせて、家と仕事以外のもう1つプライベートに近い付き合いができるような場、誰もが平等な場を必要としているのではないかと感じている。
 
ファンコミュニティを作るということとあわせて、サード・プレイス的な場を作ることが重要と今の所考えているところです。ぜひマーケティングの人から経営企画などに携わる多くの人に読んでもらいたいと思いました(NPOやボランティア組織を運営している人にも多くの気付きがあるのかも)。
 

また来たくなる不思議な引力のある島、カミギン島

すっかり前の話になってしまいましたが、ゴールデンウィークに人生2度目のフィリピンに行ってきました。前回はフィリピンを縦断するという横暴にでましたが、今回はゆっくりと過ごそうということにしていました。今回はセブから飛行機で1時間ほどのところにある小さな島、カミギン島がメインの目的地でした(過去形なのは後ほどわかります)。
 

カミギン島について

カミギン島はまだ活動している活火山のある島です。地球の歩き方にも載っていないので、この島をチョイスするひとはおそらくごくわずかかと思います。島のサイズがコンパクトで人も優しく、とある人に聞いたところによるとスリなどもほぼないということです。すごい平和で、時間がゆっくりと流れていくような島で1週間くらいゆっくり過ごすのに良いです。
 
 
ダイビングの聖地でもあるようで、海は抜群にきれいです。いくつかビーチがありますが、どこに行っても珊瑚が見れたり大きな貝が生息しているところがあったりでシュノーケリング程度でも十分に楽しめます。沖の方までいくと更に珊瑚がたくさん見れるのかもしれないです。
 
日本人はほぼ見かけず、中国人すらあまり見かけないくらいにマイナーな島なのでしょうか。ただ、フィリピン人(国内)観光客は多く見かけた気がする。船も1日に1本くらいしか出ていないようで、人の流量がだいぶ制限されているからかもしれない。
 

f:id:FideleRuuth:20180502130730j:plain

旅程と船

 
当初、カミギン島だけではなく、近くにある(でも移動が難しい)シキホール島も興味があり行こうと計画していたのですが、フィリピン人も長期休暇だったのか船が満席で乗船できないという自体に見舞われ敢え無く全日カミギン島で過ごすというプランに変え、帰りの便に乗れるように飛行機でカミギン島から脱出するという計画に変えた。カミギン自体は気に入ったので何かの運命でこの島に残ることになったのだとポジティブに解釈して残り2日をゆっくり過ごすことにした。飛行機も取れたし、たまたま直前まで泊まっていた宿も部屋が空いていたし、そこに継続して泊まらせてもらえたのが幸運だった。
 
 0日目 金曜日夜便で出発
 1日目 マニラ→セブ経由でカミギン島に午前中着
 2日目 カミギン
 3日目 カミギン
 4日目 カミギン
 5日目 カミギン
 6日目 カミギンからボホール島経由でシキホール島へ向かう
 7日目 シキホール
 8日目 シキホールからボホール島経由でセブへ
 9日目 セブ発
 
f:id:FideleRuuth:20180502094650j:plain
(船に乗れず揉める人々)
 
ちなみに、当初船での移動を計画していたときに参考にしたサイトは以下。もしもこれからカミギン、ボホール、シキホールあたりを回ろうとしている人が居たら参考にしてもらえればと思う。(ただ、カミギンとシキホールのアクセスは悪すぎるし、今回の満席で乗れないというパターンだけでなく、台風で乗れないとか海が時化(しけ)てて船が出れないとかそういうこともあろうかと思う。なのでこのあたりは船での移動はなんとなくおすすめできないと思います)
 
 
シキホールは黒魔術師が未だに残っている島ということでその神秘さに惹かれたのだが、また次のタイミングで行ってみたいと思う。
 
 

見どころ

さて、そんなもともとのプランを覆されるような、来た人を離さない引力を持つ不思議な島カミギン。日差しもめちゃくちゃ強く真っ黒に日焼けしてしまったり、カミギンの引力に身を任せながらゆっくり過ごすのがこの島の楽しみ方だと感じた。好きなときに起きて、暑くなったら海にダイブして体をクールダウンし、サンミゲルでも飲みながらゆったり夕日を見ながらハンモックで寝転がったり・・。
 
そんなゆったりした島の見どころをいくつか書いておこう。もちろん、ゆっくり時間が流れるので焦らず寄り道しながら楽しむのがいいという前提があるのだが。
 

バイクレンタルして島を一周

 一番自由度の高い楽しみ方がバイクをレンタルすること。行きたい場所をテキトウに決めて、途中で見つけたお店などに立ち寄ってみると新たな発見があって良い。今回は最初2日間バイクの運転手さんを雇って後ろに乗って主要な場所を回ってもらい、その後2日間は自分たちでバイクを借りて回った。どちらもそんなにお金はかからないがやっぱり自分でバイクをレンタルして回ったほうが自由度が高く楽しい。
 

f:id:FideleRuuth:20180429112043j:plain

(バナナだっけ)

ホワイト・アイランド

ホワイトアイランドは干潮時にしか現れない白い砂の島。早朝と夕方あたりに船が出て、島でゆっくり過ごすことができる。ここでは本当にフィリピン人しか見なかった。おそらくバカンスで来ているのだろう、島に行くとパラソルのレンタル販売があって、それを借りてビーチに寝転んだり海に潜ったりしている人がたくさんいる。
 

f:id:FideleRuuth:20180429083735j:plain

(ホワイトアイランド)

マンティゲ・アイランド

マンティゲ島はカミギン島の南東あたりから船が出ており、船に乗って20分くらいのところにある小さな島。ここもまたビーチでパラソル借りてまったりしている人や、島の真ん中あたりがジャングルっぽくなっているのでそのへんで確保できるテーブルでピクニックをみんなしている。シュノーケリングをする欧米人などもいる。リゾートとは言いにくいが海も浜辺もきれい。
 

 

 

滝とか温泉とか

バイクで巡っていると色んな所に滝や温泉(冷たいのも含む)がある。晴れた日はバイクに乗ってるとすごく日焼けするし暑いので、途中途中で滝とかに飛び込んでクールダウンするのは気持ちいい。温泉はHot Springとなっている温かいだろうところもぬるく、日本のような暖かい温泉ではないのでそのへんはご注意。
 

f:id:FideleRuuth:20180503105147j:plain

(滝とは関係ない)

Giant Clam Sanctuary

Giant Clam Sanctuaryはその名の通り、巨大な貝が生息する講演で、自然保護をしている。どうもここでは大きなリゾートホテルかなんかが建てられそうになったっぽいが裁判して勝って今の状態が残っているみたい(推測)。ビーチ脇が講演の様になっているのだけれど、そこのオーナーの子供なのか小さい女の子が英語で説明してくれる。何回も説明しているので暗証した言葉を淡々と語っている感じで面白い。
 
浅瀬は無料で泳ぐことができるが、自然のGiant Clamをシュノーケリングで見に行くツアーみたいのがあるので、それは絶対に行ったほうがいい。ここもめちゃくちゃキレイな海と珊瑚、Giant Clamなど見れて神秘的。
 

f:id:FideleRuuth:20180429125930j:plain

 

おすすめ食事どころ

セブではよくシーフードも売っているのだが、カミギンでは思った以上にシーフードのお店がなかった。漁港も見ていないので、ここの島は漁業では成り立っていないのだろう。セブでよく見るバーベキュー屋はいくつもある。何度も食べていると味にも飽きてくる。というわけで、バーベキュー以外で美味しかったお店を以下に紹介しておく。
 

Kurma Eco Beach Lodge

Kurma Eco Beach Lodgeは欧米人(おそらくドイツ系?)がオーナーでやっているゲストハウスだが、併設されたレストラン兼バーがある。また、海沿いに面しており夕日もきれいに見れるし、ハンモックなどもありゆったりできる。ここで食べるガーデンパスタが気に入り過ぎて3回くらい食べた気がする。ガーデンパスタは単純に野菜炒めとペンネパスタを和えたものだが、味付けもちょうどよかった。ホワイトアイランドまでの船乗り場から近いので、朝ホワイトアイランドへ行き、昼ご飯はここで、というのもいいかもしれない。
 

f:id:FideleRuuth:20180502155225j:plain

(ガーデンパスタ)

Greencow Organics(名前は変わっていたかも)

こちらも欧米人(たしかアメリカ系)がオーナーのピザレストラン。中心地からバイクで2−30分くらいいったところにあり、周りには何もないのでなかなかここまで来る人も少ないかもしれない。ピザももちろん美味しかったが、ここで飲んだ紫色のジュースが美味しかった(ノンアルコールのモヒートみたいな、でもなんか花の香り)。
 

f:id:FideleRuuth:20180503120750j:plain

(ピザ&ジュース)

Beehive

Beehiveサンケンセメトリーという観光名所から更に西の方に行ったところにある小さなお店です。ここはほぼ電波が届かず、島の人もデジタル・デトックスをしに行くようです。確かに最初にこの店に入って中を見せてもらったときに2−3人のフィリピン人がぐだ〜っと座ってぼーっとしているのを見て、ここは「人を駄目にするカフェだ」と思ったくらいです。実際にここでコーヒーを飲もうと座るともう動きたくなくなる。眼の前にある海を見て過ごしたり、近くに住んでいる子どもたちが泳いで遊んでるのをみたり。完全に脳みそがリセットされる感。

f:id:FideleRuuth:20180429105627j:plain

(人がダメになるカフェ)

最後に

カミギンは別になんでもないはずなんだけど、なんとも言えぬ魅力がある。強い日差しもそのときは気にならずに気持ちよく(翌日以降ヒリヒリするけど)、人もまったり温かく、ここは天国なのかというくらい神秘的だった。いくつかのお店の欧米人とも会話したが、何かがきっかけでこの島にきて、何年かかけてガラクタ(アンティーク)を集めてお店を作ったBeehiveのおじさんとか、奥さんがフィリピン人でというおじさんなど。来る人をまた来させる、停留させる引力を感じる不思議な島です。
 
カミギン島、フィリピンに数ある島の中でもめちゃおすすめの島だと感じました(今の所ベスト of フィリピンかも)。ぜひ僕のように2−3日滞在して他に行こうかと考えている方は、考えをあらためて1週間じっくり楽しんでみてほしい島です。まぁ、そうしなくとも船に乗れないかもしれないですが。
 

f:id:FideleRuuth:20180428185848j:plain

Camiguin, Come Again.

poo-tee-weet.hatenablog.com

 

写真は以下のカメラ(Sony a6500) で撮影し、Snapseedで編集しました(していないのもある)。

構図もうまくないし、ピンぼけしたりすることも多いので、まだ不慣れですが、がんばります。そのうちa7系を目指す。

 

by カエレバ

 

by カエレバ