Poo-tee-weet?

とあるIT業界の外資系社員の戯言。旅半分仕事半分の人生を目指しています。書いていることはだいたい戯言。プーティーウィッ?

バス移動&アイランドホッピング!9日間 フィリピン縦断の旅〜Cebu〜 #Travel #Philippines #旅

いやあ、もうクリスマスですよ。なかなか筆が進まず、フィリピンに行ってから3ヶ月くらい経ってしまいました。さて、旅の最終回は、セブでゆっくり観光します。

 

ー旅程おさらいー
Day1:マニラ到着
Day2:マニラ、夜マニラから夜行バスで Daet へ
Day3:Daet到着
Day4:Mercedesアイランドホッピング、島ステイ
Day5:Mercedesアイランドホッピング、Nagaへ移動し夜行バスでCebuへ
Day6:夕方Cebu到着
Day7:Cebu観光
Day8:Cebu観光、空港Stay
Day9:早朝便で帰国

poo-tee-weet.hatenablog.com

poo-tee-weet.hatenablog.com

poo-tee-weet.hatenablog.com

 

 

もくじ

 

観光

予定より1日早く着いたので、割りと余裕な感じでセブを観光します。観光と言ってもセブはラプラプと市街サイドとかなり広いです。ラプラプから市街の方へ行く橋は渋滞でちょっとイライラします。市街の方には市場やモールがいくかある感じで都会です。市場はアジアの雑多な感じで、アイスやカラマンシージュースなどを片手に散歩ができます。思ったより良いお土産が見つからなかったけど。

 

f:id:FideleRuuth:20160924160433j:plain

 

ジープはフィリピン全土で人々の足になっているというのは言わずとしれたことだと思う。ここセブのジープはマニラのとちょっと雰囲気が違い、ミニバンのような感じでカワイイ。言語もちょっと違うと一緒にいたタガログ語を喋る相方が言っていたが、随所に北部との違いを垣間見る。

f:id:FideleRuuth:20160924133247j:plain

 

ラプ=ラプ市は、大航海時代にマゼランが降り着いた島だったようだ。マゼランが侵攻してきたのを現地部族の長であるラプラプが倒した、その英雄の名前にちなんでつけられたそうだ。ラプラプ像は小さいが見ておくべきだろう。近くにある食堂はちょっと値が張るので強くおすすめはできない。海ぶどうっぽいやつたくさん食べれたのは良かった。

ラプ=ラプ - Wikipedia

 

f:id:FideleRuuth:20160923141812j:plain

f:id:FideleRuuth:20160923144924j:plain

 

 

プライベートビーチ潜入

ラプ=ラプにはいくつかリゾートホテルもあるようだ。併設されたプライベートビーチは宿泊客にだけ入れるようにしているみたい。セブにせっかく来てビーチに行かないのはないだろうということで、シャングリラホテルへ侵入することに。入り口で荷物チェックと宿泊している証明を求められたが、愛想よくしていたらなんとか入れた。職員に怪しいと思われないように、こっそり?ビーチ方面へ。お金持ちそうな人たちが安全な場所でビールやカクテルを片手にビーチに寝転ぶ。ビーチには結構魚もいてシュノーケリングしている人たちも魚に餌をあげたりと楽しそうだった。(でもこの閉ざされた中で安全に過ごしているだけって、ちょっとつまらな気がする)、そんなことを思いながらシャングリラホテルをあとに。

 

f:id:FideleRuuth:20160923163129j:plain

 

ギター工場

ギターの生産も有名らしく、いくつかギター工場がラプラプにはある。別にギター好きでもないがアレグレというギター屋さんに行った。数多くの有名人などが訪問して買って行っているようで音楽アーティストの写真がたくさん貼ってあった。

 

結局目の前で華麗に演奏しているウクレレの一番安いやつを購入(なんかのときにきっと使うはず・・)。その後、タガログ語喋れる相方さんがギター工場の人たちと談話。ずーっとここで作っている人とかに現地の言葉を少し教えてもらったり。

f:id:FideleRuuth:20160923123851j:plain

f:id:FideleRuuth:20160923124454j:plain

 

 

 

iPhoneがない事件

セブを一周りして夕方宿に帰宅後、バーベキュー系の現地レストランで夕食を食べに行く。串焼きっぽいのとか、スープとか色々食べて大満足でコンビニでビール買って再度宿に戻る。少しゆっくりしていたら何かが足りない、、、。iPhoneだ。どこに入れたかな、こっちの入れ物か・・、バッグか・・、すべてのものをひっくり返して探すも結局ない。お店に忘れてきたかな?と思い、もう一度バーベキュー屋さんへ行き店員さんに聞いてみるも落ちていなかったとのこと。セブンイレブンかな、と思ってそちらへ行ってもなさそうだった。とりあえずこんばんはこれ以上何もできないので諦めて寝ることに。

 

f:id:FideleRuuth:20160923205959j:plain

(楽しんでいる頃の俺氏)

 

翌日、再度セブンイレブンに確認。誰かにスラれたことも考慮してセブンイレブンの防犯カメラまでチェックしてもらうことに(みんな真剣に心配してくれてありがたや・・)。結局防犯カメラチェックするも虚しく何も取られた形跡はなかった。帰国後、保険の保証をクレームをするためにTourist Policeに行って紛失証明書のようなものを依頼するも、調査に1日必要で、その後、法律家に文書をチェックしてもらって2−3日は必要だと言うことを言われがっかり。。これももう諦めるしかない。

 

 

帰国後、1週間くらいたった頃か、向こうのSIMの電話番号っぽいのから電話がかかってきた。何度かやり取りをSMS経由で行うことができて戻ってきそうな可能性も少しあったけれど、向こうもどうしていいかわからないようで(売ってもロックされているから使えないはずだけど、売ろうとしていたのかもしれない)、結局今では連絡も取れなくなっている。自分の不注意やものを増やしすぎた感を戒め、今は個人iPhoneなし、大きめの7インチタブレットで電話してますw

 

セブ雑感

マニラもそうだが、都会は交通も多くなんか落ち着かない。あと日本人もたくさんいると思ったのだが、思った以上に少なかった。むしろ、韓国人の方が多かった(泊まったところの近くに英語留学の学校でもあったのかな)。空港でも韓国直通とかたくさん飛んでいるようで、韓国人のちょっとしたバカンスの場所になっているのかもしれない。

 

日本人はもっと島の方へバカンスに行っているのかもしれない。あと日本人でも女子2,3人は何組か見た気がするが男子はほとんどいなかった感がある。台風の季節で、シーズンじゃなかったというのも原因かもしれませんが。

 

今度セブに来た時はやはり少し足を伸ばして、日本人が運営するカオハガン島に行ってみたいですね。セブから幾つかの島をアイランドホッピングするのも楽しいと思います。

 

そういえばいつもは旅の前から、そして実際に旅しながらその国の歴史の本を読んだりするのだが、今回はフィリピンの歴史の本を読むのをすっかり忘れていた。やはり歴史を読んで知ったうえで歩くことも旅の一つの楽しみだと再度実感。

 

f:id:FideleRuuth:20160924133009j:plain