読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Poo-tee-weet?

とあるIT業界の外資系社員の戯言。本を読んだまとめや旅のまとめなど。書いていることはだいたい戯言。プーティーウィッ?

バンコク-チェンマイ8日間の旅 (チェンマイ満喫編)

タイ アジア

ちょっと更新をサボっておりましたが、今年のタイ旅行記を書き足していきたいと思います。今まで一度もいったことのないチェンマイへ行ってきました。チェンマイはタイ北部の都市で、第二の都市になります。第二の都市とはいえ、田舎な感じですがそれがまたいい。ラオスへも近かったりします。

 

チェンマイまでは寝台列車で来たわけですが、朝早めの時間に到着すると出口にたくさんの客引きがいます。トゥクトゥクやらタクシーやらの人々です。目があったらそれが最後。その人についていくしかないくらいの感じです。地球の歩き方では200バーツくらいが乗り合いバス(ソンテオ)の料金だと書いてあったのですが、500バーツくらいしました・・。

 

街歩き

 

チェンマイに着いてから本屋さんで見つけたこちらの地図が非常に良かったです。これは現地で買うなりすると便利です。すごく細かく書いてあるのでなれるのに少し時間が必要ですが、レストランやらなんやら探すのに助かりました。

 

ちなみに2015年9月時点では、Google Mapでのローカル保存にタイ地域が対応していないようで、元々は地図はそれで対応しようとしていたのですが、できなかったので地球の歩き方の地図とこちらの地図を駆使して街歩きしました。

 

www.nancychandler.net

 

お寺もたくさんありますし、いわゆる観光名所的なターペー門、ナイトマーケットなど探索するところがたくさんあります。特にワーロット市場(Warorot Market)近辺は安いお店も多くこちらで大量にお土産を買うのは良いかと思いました。

 

f:id:FideleRuuth:20150925141319j:plain

(象のお寺ー Wat Chang)

 

f:id:FideleRuuth:20150922203524j:plain

(ターペー門)

 

f:id:FideleRuuth:20150922213122j:plain

(ナイトマーケット)

f:id:FideleRuuth:20150925162342j:plain

 (ワーロット市場)

アクティビティ

 

アクティビティはトレッキングなどいろいろありますが、今回は象に合ってきました。1泊2日のアクティビティ。チェンマイ市街から、2時間ほど車でいったところに、現地人カレン族の村というか森というかがあります。そこで象を幾つかの場所で保護しているらしい。そちらで、1日目象と触れ合い、カレン族とトレッキングキャンプに宿泊、2日目はカレン族の村々をトレッキングして終了という感じ。これは良い体験でした。1泊どころか2泊居ても良かった。現地ではボランティアで畑仕事を手伝っている欧米人などもいました。

 

アクティビティ系は、事前にTripAdvisorで検索でもしていくといいとは思いますが、現地の旅行代理店でも予約はできます。

 

www.tripadvisor.jp

 

f:id:FideleRuuth:20150924114102j:plain

(象の親子じゃないけど大きいのとちいさいの)

 

f:id:FideleRuuth:20150923180528j:plain

(この竹の宿に泊まります)

 

f:id:FideleRuuth:20150923221300j:plain

(満点の星空)

 

 

 

チェンマイでもやはり食は欠かせません。

 

f:id:FideleRuuth:20150922144159j:plain

 (カレー味麺、カオソーイ)

 

f:id:FideleRuuth:20150922230842j:plain

 

f:id:FideleRuuth:20150925221925j:plain

(こちらのお店は非常に美味しい。Lonely Planetなどで良い評価だそうです。)

 

 

雑感

大分いろいろなことをしましたが、チェンマイまだまだ深掘りするところが多そうです。これはまた行くしかない。また、会話をした欧米のおじちゃんがPaiという場所がいいというので、そこにも行ってみたいですね。

 

また、やはりこういう田舎町(そこまで田舎じゃないけど)に来た時には、アクティビティをするのが一番いいと思います。市内巡りもいいですが、ただお買い物してるだけじゃつまらないので、象に会うのもいいし、トレッキングするのもいいし。自然がたくさんあるところならではのことをしてみてはいかがでしょう。

 

こちらの本も良いと思います。

 

 

今回の旅の関連記事はこちら。

 

poo-tee-weet.hatenablog.com

poo-tee-weet.hatenablog.com