読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Poo-tee-weet?

とあるIT業界の外資系社員の戯言。旅半分仕事半分の人生を目指しています。書いていることはだいたい戯言。プーティーウィッ?

ラオスへ行ってきた その1 (旅程〜ヴィエンチャン)

「今年はどこへ行こう?」と考えたとき、アジアのどこかに行きたいと思っていました。特に理由はないのだけど、ヨーロッパは雰囲気は良く分かっているし、アジアはほとんど行ったことない。かと言ってベトナムあたりは最近女子力の高い国と化しているし、なんとなく悩んだ結果ラオスになりました。

もう2週間前のことになってしまいだいぶ記憶があせてきてしまっているのですが、雑感書いておきたいと思います。

<ラオス旅行関連記事>

poo-tee-weet.hatenablog.com 

poo-tee-weet.hatenablog.com

poo-tee-weet.hatenablog.com

 

旅の大まかな流れ

Day1 成田 → ベトナム(ハノイ)経由 で首都ヴィエンチャンへ
   夕方到着し、宿で1泊
Day2 ヴィエンチャン市内を観光
   ヴィエンチャン→ルアンパバーンへ(VIP Sleeping Bus)
Day3 早朝ルアンパバーンに到着
   ルアンパバーン市内を観光
Day4 ルアンパバーン郊外で象使い体験
Day5 ルアンパバーン → ノーンキアウ (Mini Bus)
Day5 ノーンキアウで滞在
Day6 ノーンキアウ → ルアンパバーン (Mini Bus)
   夕方まで観光ルアンパバーンのメコン川の向こう側の街へ
   ルアンパバーン→ヴィエンチャン(VIP Sleeping Bus)
Day7 ヴィエンチャン到着
   ブッダパーク
   ヴィエンチャン → 成田
Day8 午前 成田着

 

 

入国書類。



超田舎国、ラオス


ラオスに行って一言でまとめろと言われたら「超田舎国」というように表現するかもしれない。アジアや途上国では普通だと思うが、道路も整備されていないし、交通機関もまだまだ未熟。鉄道はなく全てバスやトゥクトゥクですね。どこへ行っても田舎っぽさが抜けません。空港もどこかの日本国内の空港みたいです。

ヴィエンチャン空港。ラオス航空というのがあります。

 

首都ヴィエンチャン


首都というヴィエンチャンですが何も有りません。これから紹介するルアンパバーンのほうがおそらく人も多い。しかし一応首都ということもあり物価も他のところと比べると高く、ショッピングモールとかもある。


ヴィエンチャンのシンボル的なお寺。


観光するところと言うとお寺と凱旋門。フランスの植民地だったところから少し欧米っぽいところがありますが、ほとんどその後かたはありません。昔の王様だった人の像とかも所々にあります。

 
凱旋門。謎の現地人が沢山います。謎の少女に話かけられたりする。
 

地球の歩き方の地図で書いてある場所に店がないとか(宿で貰った地図でも間違っていた)、何度同じ道を通ったことか・・。初日、2日目からかなり歩きまわって疲れ果てました。

地元の市場。こういうのはこういう所でしか見れませね。


市内からタクシーで1時間程行ったところにブッダパークなるものがあります。最終日で飛行機もあったので、帰れなくなっては困ったのでタクシーで行ってしまいましたが、時間があればバスでも十分かと思います。しかしいつバスが来るかわからないので予定が組みにくいという欠点が。1950年代あたりにある芸術家が作ったところらしいですが、なんとも異様な雰囲気。一応仏像がたくさんいるのでお参りに来ている地元民っぽい人もいました。ここは観光するなら行っておくべきかもしれませんが、一周するのは30分くらいで済みます。

ブッダパーク全体像。登ることができる彫刻(?地獄への入り口というものらしい)がありその上から撮影。


ヴィエンチャンだけ行くのはあまりおすすめできませんが、2日程 時間があればここも行きたい、というようなところです。


D23 地球の歩き方 ラオス 2014~2015 (ガイドブック)

地球の歩き方編集室 編 ダイヤモンド社 2014-05-16
売り上げランキング : 28373
by ヨメレバ

 

<ラオス旅行関連記事>

 

 

poo-tee-weet.hatenablog.com

poo-tee-weet.hatenablog.com

poo-tee-weet.hatenablog.com