Poo-tee-weet?

とあるIT業界の外資系社員の戯言。旅半分仕事半分の人生を目指しています。書いていることはだいたい戯言。プーティーウィッ?

ペルー主要都市をめぐる旅 Day4 〜マチュピチュ〜

ここがテンションのピークだったかもしれません。前日若干寒かったけれども無事に夜を過ごし、一夜明けて早朝からアグアスカリエンテスのDowntownからマチュピチュへ。ホテルからもバス停は近く、難なく見つけ、20分ほどかけてマチュピチュのあるところまでバスで登ります。5分に1本マチュピチュまでピストンで運行しているようです。

まだ6時半くらいだというのにかなり人が入っていました。まずはマチュピチュの城内(?)を見て回り、それからマチュピチュ山へ登るというスケジュール。(ワイナピチュに登るのが人気なようですが、入場制限でチケット入手できず…)

 

城内はそんなに広くないのだけれど、アップダウンがかなり激しい。また、ワイナピチュや、太陽の入り口(Gate of Sun)などを見て回ると半日がかりになります。僕は太陽の入り口を見てから休みなしでマチュピチュ山に登ったので疲労困憊でした。。

ただ、朝日が徐々に登っていくのも綺麗でしたし、山に登ったあとの爽快感はコレまでにない感じがありました。周りが山々に囲まれてみるパノラマは写真では残せないものでした。

マチュピチュの朝。

 

ラマが飼われている。

 

太陽は近く、眩しい。

 

こんなに標高の高いところにこんな建築をしていたのが信じられない。


更に高度の高井マチュピチュ山は登るのに早くて1時間半くらいかかります。遅いと2時間くらいかかってるような人も見受けられました。傾斜が激しいところも多く、翌日の足腰に疲れがたまります。。降りるときは脚がプルプルしていました・・。

ずっと無心で山を登るというのは一種修行でもあるような、座禅を組むよりも無心になりやすい活動だなと思いました。歩きまくってセロトニンがたくさんでていたのですかね。特に何か悩むわけでもなく、考えこむでもなく、ただ見えない頂上を目指してあるく。これは気持ちよかったです。

ひとりの人も、仲間との人も、みんな頑張って登ります。

 

この頂上からの眺めは最高。


何度となく頂上だろうなと思い、裏切られ、最後に本物の頂上に到着して見下ろすマチュピチュは爽快です。なかなかここまで登ってみることもないだろうし、マチュピチュを発見した探検家のハイラム・ビンガムになった気分です。

ちなみに朝は寒いですが、お昼は暑いし、太陽は近いのですぐに日焼けします。僕は寒いからと言って油断して日焼け止めを塗り忘れましたが、忘れずに首筋など塗ってから登りましょう。

パノラマ・ビュー


さて、マチュピチュ山を下り、やりきった感を感じながら、下山しアグアスカリエンテスのDowntownまで戻ります。夕方電車でクスコまで戻る予定ですが、電車の時間まで少し時間が合ったので、お昼ごはんと温泉に行くことにしました。

すぐそばに電車が通るレストランでペルー名物のセビーチェを食べました。セビーチェはタイ料理のヤムウンセンのような感じでレモンと唐辛子での味付けで、辛いのが好きな人には良いと思います。柑橘系でさっぱりしてます。ペルーの魚も旨い。

 

マスのセビーチェ。左側のはコーンを炒ったもの、右はじゃがいも。


アグアスカリエンテスの街は端から端までで20分もあればあるける感じです。雰囲気的には箱根湯本みたいな感じで、街の真ん中を川が流れています。その端っこに温泉?があります。とりあえず疲れを癒せるかなと思っていったのですが、お湯がぬるくて、あっつ~いお湯に入りたかった日本人的にはがっかりでした。水着着用ですが、混浴です。


街の中心

 

まちなか。観光警察がある程度の間隔でいます。


観光警察というのがいて、主要都市にはある一定の 距離に1人警察の格好をした人がいるので、さすがにその人の前でスリをしたりする人はいないだろうと思い、安心できます。(安心しすぎはいけないと思いますが)


温泉。みんなずっと入っているけど気持ちいのでしょうか?


ぬるい温泉に入っていても寒いだけなので、電車の時間もあるし早々に切り上げて、駅まで向かいます。オリャンタイタンボからの電車と同じPeru Railに乗ってクスコまで帰ります。



クスコに着いたのは20時頃だったと思います。そこから旅行会社のスタッフが迎えに来てくれたので、この日のホテルまで行き、翌日に控えます。翌日のバス停に近いため、クスコの市街地からは外れたところに止まりましたが、僕以外は誰も止まっておらず、家族経営のところでした。若干寒かった。。

翌日はInka Expressに乗ってプーノまで移動です。


by カエレバ


ーーー
旅程
Day1: 首都リマに到着
Day2: リマ 旧市街観光 → クスコへフライト
Day3: クスコ周辺 (聖なる谷 ウルバンバ、ピサック、オリャンタイタンボ) → マチュピチュ
Day4: マチュピチュ観光 → クスコ
Day5: クスコ→ Inka Expressにてプーノ
Day6: プーノ観光 → クスコへ夜行バス
Day7: クスコ → リマ
Day8: リマ 新市街観光 → フライトで翌日US着
ーーー